JR東部市場前駅、大阪市中央卸売市場 東部市場すぐ北側、大阪市生野区の山口眼科、小児眼科にも力を入れ、数少ない斜視、弱視診療を行う眼科クリニックです。

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズ

当院は多焦点眼内レンズを用いた白内障手術の先進医療認定施設です

当院は厚生労働省により多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術を行う先進医療実施施設に認定されています。
先進医療認定施設では多焦点眼内レンズを用いた白内障手術の手術料は自費診療となりますが、術前後の診療、投薬については保険診療となります(認定されていない施設では手術料、術前後の診察、投薬全てが自費負担となります)。
また、先進医療に係る費用について、民間の医療保険で先進医療特約を付帯していれば全額給付される場合があります。
加入されている保険会社にあらかじめお問い合わせください。

多焦点眼内レンズとは?

白内障手術において眼内に挿入する眼内レンズは通常単焦点レンズと呼ばれるレンズで、術後の焦点距離は遠方か、近方かのいずれか一方になります。これにより、多くの場合、術後遠方もしくは近方のどちらかには眼鏡が必要となります。近くにピントの合ったレンズを選択すると遠くを見るのには眼鏡が必要となりますし、遠くにピントの合ったレンズを選択すると近くを見るのには老眼鏡が必要となります。

これに対して、多焦点眼内レンズは遠方、近方両方が見えるようにするための眼内レンズです。これにより眼鏡が必要な場面は少なくなり、眼鏡を出来るだけかけたくないと望まれる方には良い選択肢となります。
ただし、その見え方に個人差はありますが、中間距離にはピントが合いにくかったり、夜間に光がまぶしく感じたり(グレア)、光の周囲に輪がかかったように見えたり(ハロー)、コントラスト感度が低下してなんとなくクリアな見え方ではなかったりする場合があります。若いころの見え方に完全になれるわけではなく、あくまで眼鏡が必要な場面を出来るだけ減らすための手段です。乱視が強い方や瞳孔が小さな方には適応にならない場合があります。

ご興味のある方は詳しくご説明いたしますので、気軽にご相談ください。なお、多焦点眼内レンズによる白内障手術は健康保険適応外(自費診療)となります。

診療時間

診療時間
  9:00~12:00
13:00~15:00 手術
15:30~18:30

火曜日午後診のみ完全予約制
休診日:土曜午後、日曜、祝日

クリニックのご案内

〒544-0011
大阪市生野区田島6-6-17

JR「東部市場前」駅より徒歩7分
市営バス(73,85,30,35)
今林東部市場前バス停より徒歩1分
生野南小学校前バス停より徒歩2分

お気軽にお問い合せ下さい。

TEL:06-6224-4747

受付検査助手・視能訓練士・看護師 募集!! 詳細はこちら

アクセス情報

所在地

〒544-0011
大阪府大阪市生野区田島6-6-17
TEL : 06-6224-4747

JR東部市場前駅より徒歩7分
市営バス(73,85,30,35)
今林東部市場前バス停より徒歩1分
生野南小学校前バス停より徒歩2分

駐車場あり

コンタクトレンズについて

眼瞼・顔面けいれんのボトックス治療

多焦点眼内レンズ

当院への患者紹介について